ヨガと呼吸

何度かヨガ、挑戦したことがあるのですが。

私は身体がとても硬いので、特に膝の裏が硬いので、先生のするポーズ、いちいちできませんでした。先生はそれぞれのポーズは無理をせずに、出来る範囲で良いですよ、と言いますが。私の出来る範囲のポーズといったら、あまりにも先生のポーズとかけ離れており、本来、なぜこのポーズなのか、みたいな意味があるのか、無いのかさえわかりませんが、こんなんでやっている意味があるのか?とさえ思えるていです。なので、当然「身体が伸びて気持ちい―!」なんてことにはなったことが無く。今一つヨガの良さみたいのがわからずにいましたが。

また、最近ヨガ、やってみました。アシュタンガヨガです。

結構な早いスピードでどんどん次のポーズに進みます。ただひたすら言われた通りに体を動かして、ポーズを作って呼吸をします。なので、ポーズ一つ一つが「決まっているか」なんて気にする暇もなく、気が付くと呼吸だけを意識するようになります。

すると不思議なもので、身体は硬いままですが、身体のリズムと呼吸があってくるのか、関節が解放されるような、不思議な感覚が生まれてきました。

ヨガの先生は「呼吸を意識してください」と良く言いますし、今までも呼吸を意識してきたつもりでいたのですが、今までの私の呼吸はは違ったなー、という感覚。そして、身体は硬いままですが、なにか伸びている感覚というか、身体の中で呼吸が廻る感覚、そして気持ちが良い。

へー。こういう事なのかも!と思った体験でした。これは私だけの感覚なのか、皆が感じる感覚なのかはわかりませんが。

ヨガって、ストレッチしたりリラックスしたりするものなのかと思っていたのですが、呼吸によって身体を振動させるものなのかも、と思いました。